美容整形でメイクを短縮|更年期障害を予防策ホルモン補充療法|ホルモン不足が招く健康障害
ウーマン

更年期障害を予防策ホルモン補充療法|ホルモン不足が招く健康障害

美容整形でメイクを短縮

化粧

トラブル防止の注意事項

一部の美容外科では、アートメイクを行っているところがあります。アートメイクとは、体に害のない染料をアイラインや眉などに入れていく施術を言います。刺青のように一生色が落ちないわけではなく、1〜3年程度の効果が続きます。大阪ではアートメイクを行う美容外科がたくさんあり、遠方から来る人も少なくありません。アートメイクは毎日のメイクの時間を短縮できるため、大阪でも人気を呼んでいます。大阪にある美容外科はその技術性が優れたところもあり、美しい見た目に仕上げてくれます。しかし、このアートメイクを受ける際には注意点がいくつかあります。1つは、術後しばらくは少々腫れた状態が続きます。これは人にもよりますが、皮膚が腫れるということはメイクもできません。そしてしばらくは飲酒を控えるようにし、夜間の水分摂取もできるだけ避けた方がいいです。激しい運動も腫れを悪化させる原因となり、お風呂もシャワー限定にしなければなりません。こういった注意点は、あらかじめ美容外科で説明をされます。大阪の美容外科でもトラブルのないように十分な注意事項を掲げているため、安心して受けられる体制となっています。

施術内容

アートメイクを受けていくには、カウンセリングから始まり、希望の箇所と具体的なイメージについて伝えていきます。それから施術前に麻酔クリームを受ける箇所に塗っていき、これで刺激が一時的に抑えられるので安心です。アートメイクは専用の機械が使われ、針を使って染料を皮膚に染み込ませていきます。これにかかる時間はだいたい10分位となり、2〜3回にわけて施術が行われます。1回目の施術では染料が十分に入っていない可能性が高く、2回目3回目でその色をしっかりと定着させていく流れとなります。2回目以降は一定期間内で受けなければならず、1回目から2週間が経っていれば受けられます。染料に使われる色は、美容外科によっては豊富にそろえられています。黒だけでなくブラウンやグレーなどがあり、希望の色から選べます。アートメイクはそれを行う医師の技術が強く求められるので、実績の高い信頼できるところを選んでいったほうがいいでしょう。